×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニビイロ−第八話−

※下に書いてあるのはト書きです。
※アドリブを入れるのは自由ですが、台詞の意味などは変えないでください。
※3番タイムなどに、自分の役の台詞とト書きだけでも良いので、ちゃんとチェックしてから演じてください。
※基本的に、色のついたセルは、ト書きです


ニビ 25歳前後 一応主人公
詳細不明のサイボーグ。(四肢機械)
本人に関する記憶を一切失っている。
ニビの街の工場では、用務員兼事務の手伝い(いわゆる雑用)の仕事をしている。
ツクラレの管理も任されるようになった。
基本的には、口数は少なく、穏やかな性格をしている。
エンとタタラを穏やかに見守っているようなタイプ。
ヅチと被りでお願いします。
エン 20歳前後 「ハコビ/ソラ」の一族の一人
ハコビの頭領の息子。
へヴィスモーカーでドライなようで結構熱血(?)タタラとは家が近所で、幼馴染。
エアフォークで物資を運んで空を飛び回る。
タタラとはよくからかい合う仲ではあるが、若干タタラの兄のような表情を見せることもある。
エータと被って下さい。
タタラ 20歳前後 「ホムラ」の一族の一人
ホムラの頭領の娘。
女伊達等に鍛冶場で働いている。
口調が男っぽいだけで、中身は列記とした女である。
基本的男らしさを意識した感じで喋る。
※できれば、かわいさを取っ払ってください。
 イメージ的には、もののけ姫のサンが近いかも?
フイゴ 40代後半〜50代 「ホムラ」の一族の長
タタラの実父。粗野な言葉遣いや態度ではあるが、家族思いでのんびり者である。
大所帯のホムラ一族を纏め上げる男。人間ではないような巨体。
だが、担当する仕事はロウ付け。(本人曰く「隠居」)
ヨク 40代後半〜50代 「ハコビ/ソラ」一族の長
エンの父親。フイゴとは幼馴染で、よく似た性格をしてはいるが、
ヨクのほうがかなり短気であり、頑固で喧嘩っ早い。
工場内に響くような怒声でよくエンたちを怒っている。
フウ エンの姉。13〜14歳。
穏やかで、少々大人しめではあるが、真の強い優しい姉。
ソラ族の中でも、ソラの力を使うのに長けている。
エータ エンの兄 中学生ぐらい。
見た目は、エンの生き写しのようだが、性格はエン以上に活発。
弟と妹を大事にしている。ソラ族の期待の若者であった。
ヅチ タタラの兄 中学生ぐらい。
エータの親友。タタラにとっては、大好きな兄。
ホムラの頭領の息子という名に恥じない実力の持ち主。
幼タタラ 幼いタタラ
この頃はまだ、鉄を扱うことも無く、両目とも健在。
ちょっと内気な女の子
(大人タタラと被りでお願いします)
幼エン 幼いエン
タタラにお兄ちゃんぶりたい、やんちゃな男の子。
いつか、兄や父のように立派なソラの男になりたいらしい。
  
ナレ
    
チクロ 名前だけは出てくるが、タタラとヅチの兄。長男
イガタ 名前だけは出てくるが、タタラとヅチの兄。次男





時代・世界観
舞台背景など
高度科学(高度工学?)と魔法がまだ共存している時代。
舞台となる、工業都市・ニビは、世界でも有数の工業都市。
そこで作られるものは、高評価を得ていた。

その街で暮らすものたちは、ほとんどの職業ごとに、一族に分かれている。
ホムラ一族 フイゴ率いる炎の一族。
炎を扱う事に長けており、またそれを生業とする一族。
フイゴの娘、タタラが頭領代理。
ハコビ/ソラ一族 ヨク率いる空の一族。
風を読む事に長けている。空輸、または運搬艇を使った資材運びを
生業としている。
ヨクの息子、エンは、若手のまとめ役。
タテシ一族 ゲンコの一族。
大工仕事や建設、いわゆる「建てる事」を生業とする一族。
ゲンコは、この中でも期待されている若手。
ソラフネ 飛行機のようなもの。空を飛ぶ船。
ニビの街では、これや準ずる物を盛んに作っている。
兵器等を積み込んだ"戦艦”も作られる。
ソライス
(エアースクーター)
ソラフネと同じ構造で、空を走る。
見た目はバイクのタイヤが無いバージョンみたいなもの。
エンもよく乗っている。
ツクラレ いわゆるサイボーグ。
四肢を亡くした者は、その代わりに機械義肢をつけられるが、
痛みを取り払い、すぐに機械義肢を元の身体のように動かせる代償として、記憶を奪う。







ナレ 「ニビの街の工場…ソラフネ用の工路に続く飛行場。
 雲ひとつ無い青空の下、一隻の巨大なソラフネが、旅立ちの時を待っていた。
 そこに、エンとニビ、そしてフイゴ、ヨク、タタラの姿があった。
 エンとニビは、任された仕事の為、今日、ここから旅立つのだ」
エン 「親父、行って来る」
ヨク 「あぁ、ヘマすんじゃねぇぞ。ソラフネの操縦桿握ってるときゃ、どんな事があってもよそ見すんじゃねぇぞ」
エン 「親父ぃ、その言葉何度聞いたよ」
ヨク 「てめぇが手放しで操縦しようとするからだろうが!」
エンに大型のソラフネを操縦させるのが、まだ心配でしょうがない。
フイゴ 「まぁ、少し遊んでくると良い。
 ニビ、お前はもう少し外の世界を見て来い」
わが子を送り出すかのように、優しく。
ニビ 「はい!それじゃぁ…行ってきます」
タタラ 「ニビ、エンが駄目そうなときには、逃げて来い」
エン 「何だとぉ?!」
タタラ 「ソラフネの操縦、まだあんまり得意じゃないくせに」
エン 「うるせぇ!今回で完璧に覚えてやらぁぁぁ!!」
タタラ 「ほーう、じゃぁ帰ってくるときに、アクロバット飛行を見せてくれるのだろうな」
ちょっと小ばかにするように。
エン 「上等だ、コラぁ!三回捻り見せてやらぁ!」
ニビ 「エン、その時、僕も乗ってるよね?」
タタラ 「あぁ、その時はニビは降ろして貰え」
エン 「タタラぁぁぁぁ?!」
ヨク 「……お前ら」
いつも以上にテンションが高い「子供達」に苦笑しつつ。
フイゴ 「無事に帰って来いよ、俺が言いてぇのはそれだけだ。
 折角の旅だ、怪我とかしちゃぁつまんねぇだろ」
エン 「あぁ、おやっさんも元気で!」
ニビ 「お土産たくさん持ってきます…あ、もう時間だ」
ヨク 「エン、ぜってぇ操縦桿からは手ぇ離すなよ。後、データだけを頼りにするんじゃねぇ。
 自分の目で周りの状況を確かめながら行け」
エン 「解ってるって!」
ナレ 「こうして、ニビとエンは旅だって行った。
 二人がこの街から旅立つことには、意味があった。
 そう、【あの日】が来るからである」
タタラ 「……行ってしまったな…」
空を見上げ、二人を乗せたソラフネを見送っている。
フイゴ 「まぁ、おめぇもちょっとは休め。
 あいつ等が帰ってくるまでで良い…」
タタラ 「親父殿………」
フイゴ 「母ちゃんがおめぇの好きなもん何でも作ってやるって言ってたぞ。
 秋刀魚の生姜煮とかな。後の事は父ちゃんに任してさっさと帰んな」
タタラ 「でも…」
ヨク 「タタラよぉ、もうすぐ【あの日】がくる。まぁ、しばらくのんびりしたって、誰もおめぇを怒りゃしねぇよぉ」
フイゴ 「たまにゃ父ちゃんも鉄打ちたくなっちまったんだよ」
ある事が理由で、フイゴは鉄を打つことをやめてしまった。
タタラ 「……じゃぁ、帰る。父様、おじ様。ありがとう」
ペコリと頭を下げると、タタラはその場から去って行く。

ヨク 「……でかくなったなぁ、タタラもよう」
フイゴ 「まぁ、でかくもなるさ……」
ヨク 「さて、俺らも行くか」
フイゴ 「あぁ、そうだな……」
ヨク 「まさか、セガレの墓参りをする事になろうとはなぁ」
フイゴ 「……何度行っても慣れねぇな」
ヨク 「慣れてたまるか…」
ナレ 「父親達は、深くため息をついた。
 エンとタタラ、二人とも、彼らにとってはたった一人残された、愛しい我が子。
 二人には、上に何人かずつ兄弟がいたのだが、何れも先の戦争にて、没している」

ナレ 「そう、<先の戦争>…それは、ニビの街にとっては、まさに青天の霹靂……寝耳に水の自体だったのだ。
 ニビの街は、工業都市である。それと同時に、我々の世界のように、軍事工場が各国にあったわけではない為、
 貴重な軍事工場として、『戦闘には巻き込まない』という、条約が結ばれていた…はずであった」
ニビの街のはずれのガラクタ置き場。
ここは、廃棄され、リサイクリングに回される前の運搬艇や、工場で使われていた機械などが、無造作に置かれている。
そこは、子供たちの恰好の遊び場である。
今は夕方。夕日に照らされてあたり一面、赤い。
幼エン 「タタラー!ここまでおいでー!」
追いかけっこをしている。片手には笛。タタラが父に買ってもらったおもちゃである。
幼タタラ 「あーん、返してよぉ」
足の速いエンに追いつけない。
フウ 「そんなに走っちゃ危ないわよ?エン、タタラに返してあげなさい」
少し離れた場所で、本を読みながら、二人の子守をしている。二人を見ながら笑顔を浮かべている。
幼タタラ 「エンー!待ってよう!…あっ」
草に足を引っ掛けて転んでしまう。
幼タタラ 「……」
泣き出してしまう。
フウ 「大丈夫?タタラ……エン、あなた、お兄ちゃんなんだから」
転んだタタラを立たせて、汚れをはたいてやる。
幼エン 「だってさー、姉ちゃん」
フウ 「だってじゃないの!……あーぁ、血が出ちゃってる…」
あくまで、小さい子を怒る感じに。
幼エン 「だって……だって……」
大好きな姉に怒られてしまったのと、タタラが泣き止まないのでちょっとの罪悪感で、エンも泣き出す。
フウ 「ほら、エンも、ごめんなさいは?」
幼エン 「だって…だってぇ…」
フウ 「……もう……リムノーガリチーニエ…」
リムノーガリチーニエ……ソラの一族に伝わる、軽い怪我を治療する呪文
エータ 「エン!また泣きべそかいてんのかー?」
ちょっとからかうように。フウの後ろに立っている。
幼エン 「あ、兄ちゃん!」
大好きな兄の登場に、パッと泣き止んで兄の元に走る。
フウ 「兄様、今日はもう終わりましたの?」
エータ 「まぁな!でも、この分だと来週からでも本当に現場にいけるかもしれねぇって、親父が言ってたぜ?」
現場に出る前に、訓練のようなものをどの一族も最低3ヶ月ぐらいは受ける。
ヅチもエータもその最中。
幼エン 「すごいや、兄ちゃん!」
フウ 「兄様は父様に似て、やっぱり運搬艇を操るのが上手いもの。きっと良いソラになれますわ」
エータ 「ありがとな!」
幼タタラ 「エータ兄様、お仕事行くの?お空飛ぶの?」
エータ 「あぁ、そうだ!今度タタラも乗せてやるよ!」
幼エン 「兄ちゃん、俺も!俺も!」
エータ 「わかってる!じゃぁ、これから一緒にどっか散歩行くか!」
フウ 「兄様…」
ちょっと遠慮がちに。自分はもう、エンとタタラよりもかなり大きいので、わがまま言ってはいけないとちょっと思っている。
エータ 「フウも一緒な!」
フウ 「はい」
にっこり嬉しそう。
そこにタタラの兄・ヅチが現れる。
ヅチ 「あぁ、やっぱりここに居た!」
幼タタラ 「兄様!お帰りなさぁい!」
嬉しそうに走りよる。
ヅチ 「ただいま!……チクロ兄は?」
幼タタラ 「チク兄様、ゲン兄様の所にごようがあるって」
ヅチ 「チクロ兄…またか…」
本日、ホムラ一族の長兄・チクロは仕事が休みなので、タタラの面倒を見るように言われていた。
が、チクロは基本的にマイペースな人間なので、こうして、フウに任せて遊びに行ってしまうこともしばしば。
ちなみに、幼タタラのいう「ゲン兄様」はゲンコのことである。
フウ 「でも、タタラは今日もとってもいい子にしてたわよ?ねぇ、タタラ」
フウは子供好き。
幼タタラ 「うん!」
ヅチ 「いや、そういう問題じゃなくてね…フウ?」
エータ 「いいじゃんいいじゃん、エンはタタラのことがだーい好きなんだよな?なー、エン?」
またもやからかうように。エンの幼い恋心(?)を知っているのか知らないのか。
幼エン 「兄ちゃんのバカァァァァァ!!」
右ストレートを決めようとするが、頭を抑えられる。
リーチが足りず届かなくて、じたばたとしている。
エータ 「おー、兄ちゃんに食って掛かろうとは」
笑っている。
ヅチ 「で、イガタ兄は?」
幼タタラ 「イガ兄様は、父様が御用があるから来なさいっていったから」
ヅチ 「そっかぁ…」
フウ 「まぁ、良いじゃないの」
エータ 「そうそう、ヅチ、そんなん気にしてたら禿げるぜぇ?」
ヅチ 「…ハゲ?!…言うなぁぁぁ!!」
エータ 「お、お前の気づかないところにハゲがあるぞ?」
ヅチ 「うそ?!」
エータ 「うっそー♪」
ヅチ 「この野郎〜!!」
エータがヅチをからかうのはいつものことである。
だが、二人とも親友同士。実際、仲が良い。
フイゴ 「おーい、おめぇ等ぁ、いつまで遊んでんだ。帰るぞー」
家に帰りがてら、父親たちが迎えに来ている。
フイゴの横には、ヅチとタタラの兄・イガタが居る。
幼タタラ 「父様ぁ!」
嬉しそうに父に向かって走っていき、大きな腹にダイブする。
ヨク 「おめぇ等知ってるかぁ?ここら辺、もうちょっと暗くなったら、子供等を頭からバリバリ食っちまうお化けが出るんだぜぇ?」
幼エン 「お化け…出るの?」
まだ小さいので、お化けが怖い。
ヨク 「あぁ、そうさ。お前みたいなチビ助は頭からペロリ…一息だろうなぁ」
幼エン 「やだぁぁぁぁ!父ちゃん、俺、帰るぅぅぅぅ!!」
いつも父の<お化け>話に怖がらされているエン。父に抱きついて大泣きする。
フウ 「エンはいつまでたっても甘えん坊ねぇ」
幼エン 「だってだってぇ」
エータ 「親父ぃ、いい加減にそれやめろよー」
ヨク 「何言ってやがんだ、おめぇもエンぐらいの時にゃ『お化けこわーい、お化けこわぁぁい!』って母ちゃんに抱きついてベソかいて、
 挙句、その夜にゃ、ねしょんべん垂れてたじゃねぇかよ」
ヅチ 「そうだったんだ」
エータ 「そんなこと、ここでバラすなぁぁぁぁ!!親父のそのドスの利かせ方がやたらこえぇっつーの!!」
ヨク 「あーたーまーかーらー、ぶぁりぶぁりとなぁ…」
内心ビビって居るエータの心を読み取り、念を押すように。
エータ 「親父の阿保ー!!」
ヨク 「親に向かって阿保とは何だ!このスカポンタン!」
エータ 「阿保だから阿保だって言ったまでだ!このクソ親父!」
フイゴ 「バカなことやってねーで、さっさと帰るぞ」
ヨク 「そうだな」
フイゴ 「よーし、タタラぁ、肩車してやるぞー」
タタラを抱え上げて、肩に乗せる。
ヅチ 「親父殿、今日の夕飯はなんだろう」
フイゴ 「母ちゃん次第だなぁ」
幼タタラ 「タタラ、秋刀魚の生姜煮が良い〜!」
ヅチ 「タタラ、それ昨日も食べただろ?」
幼い妹、大好物だけを食べたいと言う幼い要望に、苦笑しながら。
ヨク 「よし、俺等も帰るぞー」
幼エン 「父ちゃん、父ちゃん、お化け本当に出るのぉ?」
エータ 「ばーか、出るわけねぇだろ」
フウ 「でも、兄様ついこないだまで信じてらしたわよね」
エータ 「お前もいらん事言うな!!」
ナレ 「それぞれの家族の影が、夕日に照らされて、長く飛びている。
 笑い声が絶えないこの二つの家族に、今、戦禍が襲いかかろうとしていた」
 
ナレ 「−そして、現在ー
 タタラが、家の自室のベッドの上で寝転んでいた。
 うつ伏して寝ている。その目元には、涙の跡があった。
 ベッドの横、サイドテーブルには、目覚まし時計と、発光石のランプ…そして、写真(カガミエ)立てがおかれている。
 そのカガミエには、タタラの三人の兄と、エン、エンの兄姉が7人で写っている。
 その写真の、幼いタタラは、末兄・ヅチに抱えられて楽しそうに笑っている。
 今はこんな笑みはできなくなっている」
タタラ 「…兄様…チク兄様、イガ兄様…………ヅチ、兄様…」
フイゴがこっそりと部屋に入ってくる。
娘のことが心配でしょうがない。
フイゴ 「タタラぁ…すまねぇなぁ……」
寝台のそばに座り、タタラの寝顔を見ている。
フイゴ 「…俺は、情けねぇ父ちゃんだ……おめぇがこれだけ意地張ってんのは、全部、俺が悪いんだ」
ナレ 「父は、自分を責めていた。
 先の戦争以来、愛娘・タタラは自分を責めているかのように、我武者羅に生きてきた。
 それをそばで見ていた父は、やりきれない思いを抱えている」
フイゴ 「チクロ、イガタ…ヅチ…おめぇ等、俺を許してくれるか」
ナレ 「写真に写る、息子たちは皆笑顔を浮かべている。
 4つの笑顔、それはもう、フイゴの目の前にそろうことは無い」
フイゴ 「………タタラ、父ちゃんが悪かった」
















次へ

感想掲示板