×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニビイロ第三話
−なる時・前編−

※下に書いてあるのはト書きです。
※アドリブを入れるのは自由ですが、台詞の意味などは変えないでください。
※3番タイムなどに、自分の役の台詞とト書きだけでも良いので、ちゃんとチェックしてから演じてください。
※基本的に、色のついたセルは、ト書きです。

ニビ 25歳前後 一応主人公
詳細不明のサイボーグ。(四肢機械)
本人に関する記憶を一切失っている。
ニビの街の工場では、用務員兼事務の手伝い(いわゆる雑用)の仕事をしている。
基本的には、口数は少なく、穏やかな性格をしている。
エンとタタラを穏やかに見守っているようなタイプ。
今回、ほとんど台詞が無いので、ナレと被りでも可。
エン 20歳前後 「ハコビ/ソラ」の一族の一人
ハコビの頭領の息子。
へヴィスモーカーでドライなようで結構熱血(?)タタラとは家が近所で、幼馴染。
エアフォークで物資を運んで空を飛び回る。
タタラとはよくからかい合う仲ではあるが、若干タタラの兄のような表情を見せることもある。
タタラ 20歳前後 「ホムラ」の一族の一人
ホムラの頭領の娘。
女伊達等に鍛冶場で働いている。
口調が男っぽいだけで、中身は列記とした女である。
基本的男らしさを意識した感じで喋る。
※できれば、かわいさを取っ払ってください。
フイゴ 40代後半〜50代 「ホムラ」の一族の長
タタラの実父。粗野な言葉遣いや態度ではあるが、家族思いでのんびり者である。
大所帯のホムラ一族を纏め上げる男。人間ではないような巨体。
だが、担当する仕事はロウ付け。(本人曰く「隠居」)
ゲンコ 三十代前半 「タテシ」の一族の青年。
三年前に結婚したばかりで、まだ言葉をしゃべり始めた娘がいる。
腕は確かで、ニビの街でも期待されている若手である。
少々親ばか気味だが、自分の仕事には妥協はしないタイプ。
カンナ 二十代後半 「タテシ」の一族の女性
ゲンコの妻。
気性は荒いが、ゲンコとノコを深く愛している優しい女性。
怒るとゲンコを殴る癖がある。
ノコ 一歳半ぐらい。
まだヨチヨチ歩きの赤ん坊。最近言葉を覚えたばかり。
父・ゲンコに非常に懐いている。(パパっ子)
※名前だけ出てきますが、今回は出てきません。
ナレ









時代・世界観
舞台背景など
高度科学(高度工学?)と魔法がまだ共存している時代。
舞台となる、工業都市・ニビは、世界でも有数の工業都市。
そこで作られるものは、高評価を得ていた。

その街で暮らすものたちは、ほとんどの職業ごとに、一族に分かれている。
ホムラ一族 フイゴ率いる炎の一族。
炎を扱う事に長けており、またそれを生業とする一族。
フイゴの娘、タタラが頭領代理。
ハコビ/ソラ一族 ヨク率いる空の一族。
風を読む事に長けている。空輸、または運搬艇を使った資材運びを
生業としている。
ヨクの息子、エンは、若手のまとめ役。
タテシ一族 ゲンコの一族。
大工仕事や建設、いわゆる「建てる事」を生業とする一族。
ゲンコは、この中でも期待されている若手。
ソラフネ 飛行機のようなもの。空を飛ぶ船。
ニビの街では、これや準ずる物を盛んに作っている。
兵器等を積み込んだ"戦艦”も作られる。
ソライス
(エアースクーター)
ソラフネと同じ構造で、空を走る。
見た目はバイクのタイヤが無いバージョンみたいなもの。
エンもよく乗っている。
ツクラレ いわゆるサイボーグ。
四肢を亡くした者は、その代わりに機械義肢をつけられるが、
その代わり、それ以前の記憶を一切失う。
ニビもその一人。



ナレ 「ホムラ一族の住む集落。
その入り口にある門の前で、タタラの父・フイゴと何人かのタテシ一族が作業をしながら話し込んでいる。
門が老朽化しているために、改築作業をしているのだ」
フイゴ 「わりぃなぁ、無理言って」
ゲンコ 「いや、おやっさんの頼みなら喜んで!」
そう言って、作業していた手を止めて汗を拭く。
浅黒い肌に、短く刈り込んだ黒い髪。頭には白い布を巻いている。
大工仕事で日々鍛えられているのか、屈強な肉体。
フイゴ 「嬢ちゃんとカンナは元気でやってんのか」
そこらへんに腰掛けて、タバコを取り出して火をつける。
ゲンコ 「あぁ、最近かみさんもますます口うるさくなって来やがって…」
そうは言うものの、ゲンコは嬉しそうに笑っている。
ゲンコ 「ノコも最近言葉を覚えるようになりやしてねぇ」
フイゴ 「ほう、そりゃぁ可愛い盛りだなぁ」
ゲンコ 「父ちゃん父ちゃんって…まだちゃんと言えねぇけど…
 そりゃぁもう…家に帰りゃぁ、俺の後をヨチヨチついてくるんでさぁ。
 それがもう、可愛くて可愛くて…カガミエ見ます?」
カガミエ…写真の事。
ポケットから家族の写真を取り出して、フイゴに手渡す。
その顔は、もう、『親ばか』な顔である。
フイゴ 「娘はデカくなんのがはえぇからよ。しっかり見ておけ」
ゲンコ 「タタラ嬢ちゃんも、でかくなったよなぁ。
 つい最近まで『とうさま、とうさま』ってチョコチョコ、おやっさんの後ろをついて回ってたのが、
 今じゃ頭領代理かぁ…俺もおっさんになるはずだぁ」
とうさま〜のくだりは、若干口真似入る。
フイゴ 「まぁ、口だけは一人前だがな…ありゃぁまだガキだ」
タタラ 「誰がガキだ!」
今日は休みなのか、タタラは私服姿。
仕事中に頭に巻いている布は巻いておらず、長い髪を結い上げ、ワンピースを着ている。
片手にはお茶が詰まった薬缶、片手には茶碗と茶菓子の乗った茶碗を持っている
フイゴ 「お前はまだガキだろうが!」
笑いながらタタラの頭を撫でる。
タタラ 「ガキじゃねぇぇ!!」
手に持っていたものを乱暴にその場に置き、父のわき腹に蹴りを入れる。重い蹴りだ。
フイゴ 「フブォ…!!」
ゲンコ 「おやっさん?!」
フイゴ 「…っはは、っと、まぁ…あんなに可愛かったタタラも今じゃぁ、重い蹴りを放つキラーマシーンになっちまって…」
わき腹をさすりながら、何故か感慨深げに言いながら、憤然と立ち去るタタラを見送る。
ゲンコ 「おやっさん…俺…ノコにはキックもパンチも教えない方向の教育するわ…」
フイゴ 「あぁ…そうしておけ」
ゲンコ 「もっとも…うちのかみさんに似ちまったら、そんなことも言えねぇんだけどな…」
感慨深げな表情をしているフイゴの横で、何故か遠い目をして、ゲンコは言う。
二人とも、「恐妻家」と言う絆で結ばれている。(笑)

ゲンコ 「ほんじゃ、俺はこれで失礼しまさぁ」
フイゴ 「あぁ、ありがとなぁ」
ゲンコ 「いや、いいんっすよ。ちょうどおやっさんとゆっくりと話したかった所だし」
フイゴ 「まぁなぁ…お、そういやぁ、今度でっけぇ仕事が入ってるって聞いたが、どこでやるんだぁ?」
ゲンコ 「家の補修工事ってだけでさぁ…西の国…コオタガの金持ちの爺さんの家なんですが」
ちょっと謙遜するように。でも、任されたことが嬉しくてしょうがない。
フイゴ 「あー…サカギのじじぃんトコか」
ゲンコ 「へぇ…なんでも、ぜひ俺に直してもらいたいとか…」
フイゴ 「あのじじぃのご指名ってこたぁ。そうとう認められたって事だぁ。
あのじじぃは半端な奴にゃケチつけて二度とよばねぇからなぁ…今度はうちの修理もたのまぁ」
ゲンコ 「へへっ…おやっさんにそう言って貰えると…嬉しいなぁ」
照れ笑いをしながら、頭の後ろをザシザシ掻く。
ゲンコには父はいないので、あるときの仕事場では、フイゴが父親代わりに世話をした事もある。
それ以前に、ゲンコの父親とフイゴとは、ヨクも合わせて幼馴染の親友同士だったのだ。
なので、ゲンコとフイゴとその家族は非常に縁が深い。いわばゲンコにとっては、フイゴが第二の父親のようなものである。

ナレ 「それから幾日か経っての昼食時間、エンとタタラはいつもの場所で昼食をとっている。
今は、ニビの姿は無い。とある講習会に出ているからだ」
タタラ 「ニビは、何の講習会に出ているんだ?」
エン 「なんか、新しい仕事を任されるらしいぜ?今まで簡単な雑用ぐらいしかしてなかっただろ」
タタラ 「まぁな…ニビはニビで結構どじなところがあるからな」
エン 「ま…あのころに比べれば、大分マシなほうだろうが。ここで大事なのは、働けるかどうか…だろ?」
タタラ 「…あぁ、そうだな…」
エン 「で…どんな仕事なんだろうなぁ、ニビの仕事」
タタラ 「さぁ…」
青い空に、エンのタバコの煙と、工場の煙突から吐き出される煙が昇っていく。
 
ナレ 「数日後の夕方―――
 ニビの街から少し離れた山道を、ソライスで走る男の姿があった。
荷台には大工道具が詰まった大きな袋が載っている。
ゲンコが例の仕事を終え、帰路を急いでいるのだ」
ソライス…(バイクのようなもの。宙に浮いて走る)
ゲンコ 「はぁ…褒められたし、お礼もいっぱい貰えたし…たまにゃカンナにもなんか買ってやろうかなぁ」
男の上着、右の胸ポケットには、今日の仕事で貰えた報酬がぎっしりと詰まっている。
いつも他の仕事で貰える報酬よりも、かなり良い実入り。
ゲンコ 「そうだ、ノコにもなんか買ってやろう!絵本が良いかなぁ…最近どこにでも歩いてっちまうから、新しい靴もいいなぁ…」
SE (銃弾の音)
ゲンコ 「!?」
ナレ 「ゲンコが振り向くと、そこには見慣れぬ格好をした男たちが二手に別れ、銃を構えてお互いを狙っていた。
どうやら、よくある盗賊の小競り合いらしい」
ゲンコ 「やべっ…!!」
ナレ 「逃げようとするゲンコの上に、どちらかの軍勢が落とした大きな岩が迫る。
 とっさに大工道具を抱え、身を投げ出す」
ゲンコ 「…ぐっ…あぁっ…!!」
大岩が、ゲンコの膝から下を押しつぶした。
だが、巻き込まれたゲンコを省みる盗賊たちではなく、ゲンコは一人、岩の下から這いずり出る…が。
ゲンコ 「…脚…俺の脚が…ぁ…あぁああああああぁぁ…!!」
狂ったように叫ぶが、荷物の中からズボンのポケットから零れ落ちた物の中に、家族写真があった。
彼の愛娘・ノコと愛妻・カンナと自分が微笑んでいる写真。
ゲンコ 「……ノコ…カンナ…」
ゲンコは何か、自分の中で腹を決めたらしい。
ゲンコ 「…今、戻るからな…」
男は、大工道具の中に家族写真を入れると、背中に背負って、這い出した。

ナレ 「ニビ総合病院のとある一室。
 そこには、泣き崩れるゲンコの妻・カンナの姿があった。
 周りにも、急報を聞き、駆けつけてきた仕事仲間などが集まっている」
カンナ 「何で…なんであんたがツクラレに…なんで…」
ゲンコ 「…すまん…」
カンナ 「あんたなんて、死んじまえばよかったんだ!!そうすりゃ…そうすりゃぁ…!!」
ベッドに横たわるゲンコの体に拳を打ち付ける。
ゲンコ 「いてっ、いてぇ!……すまん、だけど、俺は…また、大工仕事がしたいんだ」
カンナ 「じゃぁ、あたし等はどうなるのさ!!ノコはまだ赤ん坊なんだよ?!」
ゲンコ 「…すまん」
カンナ 「…馬鹿…あんたは本当に…馬鹿だよっl!!」
ゲンコ 「だが、きっと、思い出せるから…すぐに思い出せるから」
ツクラレの、その以前の記憶が戻るのは、滅多に無いこと。
カンナ 「…馬鹿…」
泣き崩れ、ゲンコの胸に顔をうずめる。
と、その病室に、一人、誰かが入ってきた。

フイゴ 「ニビじゃねーか。どうしたぁ、改まった顔して」
ニビ 「…ちょっと、仕事です。おやっさん」
カンナ 「こんなときに…何の用よ?!」
ニビ 「……ゲンコさんがツクラレになる為の、手続きを担当する事になりました。ニビです」

カンナ 「いやぁぁぁぁ!!」
妻の嘆きは、届かない













次へ

感想掲示板