×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


テスト部屋でのお願い


テスト部屋での演者さん、リスナーさんへの、ニッキーからのつまらないお願いごとが書いてあります。
とても些細な事ですが、「お願い」ですから守っていただければと思います

部屋にいらっしゃる方々へのお願い。

1.ウェブカム映像(いわゆる箱)の使用の禁止

テスト部屋にいる際には、「テスト」が目的です。
劇部屋全体にもいえる事なのですが、劇部屋に於ける「箱」は
劇の妨げになると思います。
誰かが箱を出して、それを見たり見ようとしたり、延いてはそれに対するコメントなどで
埋め尽くされるのは、劇の最中、または劇をしに来ている人に大変迷惑であり、無神経な行いとしか思えません。

ましてや、私が部屋を開く場合、ほとんどの目的は「テスト」です。
ヤフーのセキュアで開きますが、その目的は、やっぱり大変に個人的な理由ではありますが、
「邪魔されずに、しっかりと演者さんの演技を聞いて、次の話に役立てたい」
と、いう理由からです。

例え、テスト部屋で「箱」が出されたとしても、ほかの方々もスルーする方向でお願い致します。


2.ト書きは絶対読む事。
極端なアドリブの禁止。
台詞の流れ、意味は変えないこと。

ト書きは、作者の言いたい事、伝えたい事が書いてある物です。
それを読まずに演ずる事は、あまりにも無碍ではないでしょうか?

少なくとも、自分の役の部分のト書きだけでも読んで頂くために、三番タイムを設けております。

アドリブは自由なのですが、台詞の意味を変えられてしまうと、
後の演者さんも困りますし、作者である私も困ります。
「ト書きを読まない」「極端なアドリブでの台詞換え」
それでは台本の意味が無くなってしまいますし、書いた意味がなくなってしまいます。