×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニビイロ−第十七話−

※下に書いてあるのはト書きです。
※アドリブを入れるのは自由ですが、台詞の意味などは変えないでください。
※3番タイムなどに、自分の役の台詞とト書きだけでも良いので、ちゃんとチェックしてから演じてください。
※基本的に、色のついたセルは、ト書きです


ニビ 25歳前後 一応主人公
詳細不明のサイボーグ。(四肢機械)
本人に関する記憶を一切失っている。
ニビの街の工場では、用務員兼事務の手伝い(いわゆる雑用)の仕事をしている。
基本的には、口数は少なく、穏やかな性格をしている。
エンとタタラを穏やかに見守っているようなタイプ。
エン 20歳前後 「ハコビ/ソラ」の一族の一人
ハコビの頭領の息子。
へヴィスモーカーでドライなようで結構熱血(?)タタラとは家が近所で、幼馴染。
エアフォークで物資を運んで空を飛び回る。
タタラとはよくからかい合う仲ではあるが、若干タタラの兄のような表情を見せることもある。
エリン ロギザの皇帝。20代後半から三十代前半。
穏やかな性格で、民の事を第一に考えており、節約・倹約に努め、質素すぎる生活を送る。
祖父・父の長い悪政により弱くなったロギザを、何とか立て直そうとしているが、上手く行かない。
宰相 ロギザの宰相。70代前半
代々、王族に仕えて来た一族であり、優秀な人物を数多く排出してきた一族の者。
彼本人も、エリンが生まれた頃から教育係を勤めており、その苦楽を共にしてきた。理解者。
温厚で知的な人物。しかし、エリンの「天使」に対する考え方は理解できない。
前半部分でしか台詞がないため、キュウとの被りも可
キュウ 50代中盤 エンの伯父・ヨクの兄
今回、せりふが少ないので、メンバーが足りない場合は宰相との被りも可。
ザヴィ 20代中盤〜後半 ロギザの「天使」の一人。ザブィバーチ 『忘却』
いろいろと忘れているが、根は純粋。もう一人のニビのような感じ。
マリ 20代中盤 ロギザの天使。マリートヴァ『祈り』
他の天使たちを思いやる、優しい性格の天使。
ジズ 8歳ぐらい ロギザの天使。ジーズニ『生命』
スミェルチの双子の兄。善悪のついてない、無邪気な子。
底抜けに明るい感じでお願いします。
ルチ 8歳ぐらい ロギザの天使。スミェルチ『死』
ジズの双子の妹。善悪のついてない無邪気な子。
台詞が少ないので、メンバー少なかったら、マリと被りでお願いします。
ナレ





時代・世界観
舞台背景など
高度科学(高度工学?)と魔法がまだ共存している時代。
舞台となる、工業都市・ニビは、世界でも有数の工業都市。
そこで作られるものは、高評価を得ていた。

その街で暮らすものたちは、ほとんどの職業ごとに、一族に分かれている。
ホムラ一族 フイゴ率いる炎の一族。
炎を扱う事に長けており、またそれを生業とする一族。
フイゴの娘、タタラが頭領代理。
ハコビ/ソラ一族 ヨク率いる空の一族。
風を読む事に長けている。空輸、または運搬艇を使った資材運びを
生業としている。
ヨクの息子、エンは、若手のまとめ役。
タテシ一族 ゲンコの一族。
大工仕事や建設、いわゆる「建てる事」を生業とする一族。
ゲンコは、この中でも期待されている若手。
ソラフネ 飛行機のようなもの。空を飛ぶ船。
ニビの街では、これや準ずる物を盛んに作っている。
兵器等を積み込んだ"戦艦”も作られる。
ソライス
(エアースクーター)
ソラフネと同じ構造で、空を走る。
見た目はバイクのタイヤが無いバージョンみたいなもの。
エンもよく乗っている。
ツクラレ いわゆるサイボーグ。
四肢を亡くした者は、その代わりに機械義肢をつけられるが、
痛みを取り払い、すぐに機械義肢を元の身体のように動かせる代償として、記憶を奪う。







ナレ 「ロギザの首都・サンマラーリ。
 その中心にあるロギザ国王宮。荘厳な雰囲気の建物ではあるが、内部に装飾などは一切ない。
 宮殿と言うには似つかわしくない場所。 先代までは豪奢な建物ではあったのだが、現王・エリンになってから、
 それは全て国の民を守るための資金として使われている。
 執務室にて、若き王・エリン=ヴリヤーニエ三世は、国の政治に負われている。王とは思えないほど質素な服装。
 たくさんの書類に目を通しては判子を押したり、サインをしたり、何かを書き込んだり、計算をしなおしたりと…
 本来なれば、サイン以外の細々とした仕事は、他の役人がやるべき仕事であろうが……」

(SE:廊下の向こうから慌しい足音。部屋の前まで来て、扉を勢いよくあける)
エリン 「どうした?騒がしいな」
至って穏やかに。
宰相 「エリン様、報告にございます!!」
息を切らせながら。ご老体に全力疾走はきつい。
エリン 「まぁまぁ、そこに座って、水を飲んで少し落ち着きなさい。お前ももう年なのだから、無理をするなと言っているだろう?」
机の上の水差しから、空いているコップに水を入れて差し出す。
宰相はエリンの幼い頃からそばに仕えている者。父親を思いやるように。
宰相 「ありがとうございます…」
机の前の椅子(城に仕えている老いた者たちの為においてある)にすわり、素直にそのコップを受け取り、水を飲む
(SE:水を飲み干す音)
宰相 「ぷはぁ…」
エリン 「それで報告とは何なんだね?言ってみなさい」
机にペンを置いて、頬杖をつく。
宰相 「エリン様……サボールの天使が一体、出奔しました!」
エリン 「ほう…で、どの子が逃げ出した」
別段慌てる様子もない。
宰相 「検体番号Д-0008XX…ザブィヴァーチがある日忽然と姿を消したそうです!」
Д…ディー
エリン 「ほう、ザヴィが…まぁ、慌てることもないだろう」
本当に気にしていないようすで、茶(そうとう薄い)をすする。
宰相 「エリン様!我が国の天使は最高機密…おいそれとバレては困ります…!!」
普段から、エリンののんびりさ加減には頭を抱えるところ。
せりふにもあるとおり、天使計画は、ロギザの最高機密であり、天使と言うのは危険を孕んだモノの事。周りへの心配がある。
エリン 「なぁに、あの子は大丈夫さ。いろんな事をすぐ忘れてくれるからね。
 そのうち、自分が帰るべき場所も忘れて、案外と普通に生活しているだろう。あの子は優しい子だからね」
エリンは天使たちの事を、よく把握している。自分の子供…または兄弟たちのようにも考えている節がある。
天使たちが作り出された理由も知っているが…いずれは市井に出し、普通の暮らしをさせるつもりであるから、気楽なもの。
宰相 「エリン様!!」
諌めるように、強く。国王はそうは言っているが、他の者にとっては、「天使」は恐怖の対象でしかない。
エリン 「まぁ、落ち着きなさい。もうこの国はあんな時代を過ごす事はない。
 今しばらくはお前達や、国民には苦しい生活を強いる事となるだろうが…
 天使たちだって、無駄に造る必要もない筈だ。
 私は丁度、彼らが市井に紛れてどう生活するか、見てみたいと思っていたのだよ」
宰相 「しかし…!!エリン様、あなたはのんびり構えすぎです!」
エリン 「グニや双子達…その他凍結中の子等だったらまだしも、他の子達は無意味に他人に危害を加えたりはしないさ。
 誰も悪い子なんて居ないんだ。お前は心配しすぎだ」
宰相 「ですが、もしザヴィがあの力を使って回ったとしたら…大変な事になりますぞ!」
エリン 「それはそれで良いじゃないか……悪用する事を、彼は知らないからね。
 あぁ、そうだ…リェーバの街の聖堂が、自爆したそうだね……」
宰相 「はぁ…その事についてですが調査はまだ…」
エリン 「調査なんてどうでもいい、急いで孤児や浮浪者を収容している修道院への援助を進めるんだ。
 他にも、困っているような者が居たらすぐに助けてあげなさい、二度とあのような事は繰り返してはならない…!」
厳しい口調で。民の事を第一に考えている。
宰相 「御意にございます。城の蓄えも、できる限りは……」
何度も頷きながら。彼も、民の事を大事に考えている。
エリン 「あぁ、それと……」
宰相 「はい?」
エリン 「天使たちを今後、検体番号等で呼んでやるな。あの子達も自我をもっている…物ではない」
口元は笑っているが、目は怒っている。「物ではない」は、柔らかく…しかし、釘を刺すように。


ナレ 「エラプア王国の砂漠、そのど真ん中にあるキュウの給油屋の前では、三人がキュウとの別れを惜しんでいた」
ソラフネの操舵室の窓から、エン・ニビ・ザヴィが顔を出している。下からキュウが見上げている。
キュウ 「気をつけていけよ?何があっても操縦桿から手を離すんじゃねぇ!周りの状況確認をしっかりとしろ!」 SE:ソラフネのエンジンの轟音
エン 「解ってるって」
血筋だなぁと、実感している。(父と同じ事を言っている)
キュウ 「ニビ、ザヴィ…おめぇ等はもっといろんなもんを見ろよ。世界は広いぞ」
ニビ・
ザヴィ
「はい!」
声劇の場合、ザヴィの役の人で。
キュウ 「それと、エンにあんまり苦労させんなよ?」
ニビ 「はい!」
エン
(心の声)
『まったくだ…』
実際エンは見かけによらずお人好しで面倒見が良過ぎるが、まさかニビ×2見たいな状態になるとは思わなかった。
キュウ 「それと、何かあったらここに来い。俺はいつでもここに居る」
エン 「あぁ、ありがとう…ほんじゃ、行くわ」
ソラフネの機体を宙に浮かせ、バーナーをふかす。
キュウ 「おう、気をつけろよ〜!」 ザヴィ・ニビ
二人で窓から手を振っている。
ニビ 「おじさんもお元気で〜!」
キュウ 「おうよ!ニビもザヴィも訳の解らんもん食って腹壊すなよ〜!!」

ソラフネの機体が上昇を始め、手を振るキュウが段々と小さくなっていく。


ニビ 「ねぇ、エン。次は何処に行くの?」
エン 「燃料も詰まったことだし、このままドギルに直行だ。このソラフネの引渡しがあるだろ」
ニビ 「そうだね。次はツギルに寄って僕の仕事だね」
エン 「忘れんじゃねぇぞ。街に医療物資買って帰る仕事なんだからよ」
ニビの街は、医療物資などは外部から入手している。ツギルとはそういう契約を結んでいる。同盟国みたいなもの。
(医療物資を安く手に入れる代わりに、ニビの街からは兵器を安く売っている)
ニビ 「うん…手順は、スイトさんが紙に書いてくれたし、説明もしてくれたから何とかなるよ!」
スイト…オサメの人物。ニビが働くようになってから、ずっと仕事の世話をしてくれている人物。初老の男性で、非常に穏やかな性格をしている。
     しかし、仕事のほうはきちんとこなし、尚且つ話もわかる人間なので、ニビの街では一目置かれた人物。
エン 「じゃ、大丈夫か。スイトさんなら」
頷きあっている二人を見て、ザヴィは何か言いたそうにしている。
ザヴィ 「ねぇ…」
エン 「ん?どうした?」
ザヴィ 「二人はどうしてニビの街から来たの?」
エン 「あー…あのな、仕事だ。仕事」
ザヴィ 「仕事…エンは運転手なの?」
エン 「そうだよ。俺達の街では、一族ごとに職業が別れててな。俺はソラ一族。ニビはツクラレだ」
ザヴィ 「作られた人?」
出会った時にニビには聞いているが、よくわかっていなかった。
ニビ 「うん、僕は昔大怪我をしちゃって、手足全部が作り直されたから」
エン 「その所為で記憶を全部失くしちまったけどな」
ザヴィ 「記憶とツクラレって、何が関係在るの?」
エン 「痛みをなくする為の代償ってやつさ。ちょっとの痛みであったら、少しだけしか記憶は失われない」
ザヴィ 「ニビは腕も脚も失くしたから…それで記憶を無くしちゃったんだね」
ニビ 「……うん。ほとんど忘れちゃったんだ。街で生まれて育った事以外」
エン 「ま、今じゃそんなことも関係ねぇよ。ニビはニビだ」
笑顔で。ヅチに戻ってほしい気持ちもあるが、「ニビ」としての人格も認めている。
ザヴィ (ニビみたいに、体の部分を作られた人が記憶を失くすのだったら、僕等みたいに、存在を作られた人間は……)
ザヴィの胸に浮かぶのは、自分たち「兄弟」の事。実際のところ自分たち自身、謎の部分が多い。


〜ニビの街の祭り〜
街の中心の広場、櫓を囲んで街の者たちが踊っている。
その周りには店も出ていて、そこで酒を飲んだりしながら見ている者たちもいる。
ナレ 「ニビの街の祭りは今、最高潮を迎えていた。
 街の中心の広場に組まれた、円柱状の工場を模して作られた大櫓の中心の祭壇には、各一族の象徴の物が供えられている。
 そして、櫓の上では巫女達が舞い踊り、それぞれの力を見せていく。
 ホムラの炎は雄雄しく燃え、ソラの風は荒々しく吹き上げてホムラの炎をいっそう強くする。
 その上には、クミ一族のいかずちが轟き、櫓の中心からは、炎を物ともせずにミナモ一族の水が沸き出でる。
 湧き出た水からは、モグラ一族の土と生命の力で、色とりどりの花が咲いている」

 アコメもホムラの舞を踊るが、炎が段々と弱まっていく。
それに気づいてアコメは一生懸命、炎に力を注ぐが……

 泣き出しそうになるアコメ。それを察してか、炎が再び力強く燃え上がる。
それを見て、彼女はまた、笑顔で舞う。
…アコメに気づかれぬように、櫓の後ろで、タタラが炎の力を使っていた。
ナレ 「この華やかな祭りは、ニビの街の最大の祭り。街の者達の繁栄を願い、先の戦争での犠牲者たちの御霊を弔う祭り」
ホムラ一族の長の席で、フイゴは櫓のほうを見つめている。その胸中に宿るものは…?
ナレ 「その祭りを楽しんでいるのは、街にいる者達だけではなかった」
ロギザの山間部にある、古びた大聖堂(サボール)その地下には、楽園がある。
青々と茂る菩提樹の根元、一人の女性と二人の子供が、手を繋いで輪になっている。
ジズ 「すっごぉい!!空に大きな花が咲いてるよ!姉さま、大きな花だね!」 目を瞑って。
映像が脳内に流れてきているようだ。
初めて見るものに興奮した様子で。
マリ 「ふふ、そうねぇ。もっとよく見て御覧なさい。それは花火と言うものよ」
ジズ 「わぁ!おいしそう!あれはお菓子かなぁ?」
りんご飴のようなお菓子の屋台が目に入る。
ルチ 「かなぁ?」
マリ 「とっても甘いお菓子よ。いつかきっと食べられるわ」
ジズ 「ホント?ねぇ、ホント?」
パッと手を離して。
マリ 「えぇ、本当よ」
ジズ 「お外はたくさん、面白そうなものがあるね。ルチ」
ルチ 「うん、うん!」
マリ 「さぁ、もう今夜は遅いから、続きはまた今度」
立ち上がって、二人をベッドルームに促す。
ジズ 「姉さま、姉さま。僕らもいつか、お外に出られるのかな?」
ルチ 「かな?かな?」
マリ 「そうねぇ…いつかはきっと…きっとね」
弟と妹の無垢な問いに対する答えは、確実な事は彼女は言えない。

ジズとルチは、ベッドに入ってスヤスヤと眠る。
それを見ている、他の上の兄弟達。みな、何か思う事があるようだ。
マリ
(心の声)
『きっと……ね…。ザヴィ兄さまはいったいどこへおいでなのかしら……』
無意識のうちに、彼女は祈りの体勢をとる。



ドギル行きのソラフネの中、ザヴィは操舵席を出て、展望ラウンジの大窓から外を眺めてボーっとしている。
ザヴィ
(心の声)
『……ニビにもエンにも、目的があるんだ…』
窓の外は段々と砂漠から森林地帯へと移り変わっている。
『僕も早く見つけるんだ…僕の……僕の?』
早くも、自分の目的を忘れ始めている。
ニビ 「ザヴィ、ここにいた」
ちょっと探していた。
ザヴィ 「あ、ニビ…」
ニビ 「どうしたの?こんなところで」
ザヴィ 「ん?ちょっと考え事してたんだ」
ニビ 「もうそろそろ、ご飯ができるよ。ザヴィもおいでよ」
ザヴィ 「うん、もう少ししたらね」
ザヴィが笑顔で手を振ったのを確認して、ニビは展望ラウンジから出て行く。
ザヴィ
(心の声)
『僕の生まれた国はロギザ…生まれた場所はサボール…
 僕の名前はザブィバーチ…4番目の天使…僕がここに来た理由は……』
何としてでも、これ以上忘れないように、心の中で反芻する。